忍者ブログ
思いついたことをちゃんと考えもせず思いついたままに書きなぐる2SC1969の裏面Blog
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どーもー。モンスターペアレントです@笑

今日、ちょっと問題があったそうなんで学校に電話したのさ。
まぁいなきゃいないでいいか。。と20時過ぎに。

最近の先生さまは噂通りお忙しいようでまだいたわさ。
まぁ正直言うと、営業畑が長かった俺的にはこんな時間にいるのは「普通」のことなんだけどね。(ブラック企業を渡り歩いたもんで@汗)

で、その問題を当然先生様もよ~く知ってるはずなのさ、何しろ呼びに来た生徒に連れられた先生様が自ら制止したらしいんだから。

で、俺
でんわで開口一番「〇〇の父親の〇〇です。お世話になっております。ところで先生私にお話があるんじゃありません?」とふったわけ。
カミさん曰く結構嫌味っぽい言い方だ!ってあとで言われたけど。

そしたらですね
「えっ?別にお電話を頂戴したいと息子さんに伝えておりませんが・・?」だとさ。

すっとぼけやがって。。
もともと切れ掛かってたんだけど、ここで半切れですわ。

「いや、そうじゃなく。私に何かお話があるのかと思いましてお電話させていただいたんですが、何もございませんか?」と再度。

しばしの沈黙の後
「あぁそういえば今日学校で うんぬんかんぬん。。」「悪ふざけがエスカレートしたようでうんぬん・・」
「子供を信じうんぬんかんぬん」 「そのあと明るく振る舞っておりましたのでそれでうんぬんかんぬん」 「子供は素直で・・・」「私は子供が大好きでうんぬん・・・」

で、そのやり取りをしばしした後、
「先生、私が今一番ふざけんなって思っていることわかります?」
「?」
「先生の理想は承りましたけど、それだけ高尚な理想をお持ちのお方が、他の生徒が「これは先生を呼びに行かなければまずい」と思いような出来事が今日あったにも関わらず、その被害者の生徒の親からの電話に対し、すっとぼけていることですわ」
話してるうち段々抑えられなくなってきたおいらは
「呆けととぼけはちがうんですけど先生はどっちです? 理想を口にするだけならオウムでも言えますわ。そんな理想を抱えながら今日あったことをまさかすっかりお忘れだったとでも? だとしたらあなたの理想は絵に描いた餅ですね。私からの電話だって聞いた時に要件なんざわかってたでしょうに? なにすっとぼけてんです?それとも本当に呆けてるんですかね?」
とまくし立てた私。@大人気ないと反省中。

そしたら。。。先生も負けてないっすよ~~@笑

「ではどうしてそんな引っ掛けるかのような言い方をなさったんです?ずばり要件を言えばよかったでしょ?」ときたわけっす。

で、おいら。本当は担任が変わったばっかりでこの人がどんな人かを確かめたいって意味もあって遠回りな言い方をわざとしたんだけど
「えっ? わざと先生がお話しやすいように誘い水のつもりでお聞きしたんですが? こう聞いたほうが話しやすいかと思いまして。先生からの報告が先だったという形を整えて差し上げようと思ったんだけですよ。 まさかすっとぼけられるとは思いませんでしたけどね。まさか今日の問題の当事者の親が電話してきたにも関わらず、ピンッとこないと夢にも思いませんでしたから!そもそも、あなたは先ほど悪ふざけの延長とおっしゃいましたけど、これが悪ふざけで片がつくんでしたら明日ガキにボコボコにさせても問題にはならないんですよね。 空手の有段者なので普段絶対に手を出すなと教えてるんですが、多数対一人が悪ふざけでかたがつくんですもの、武器持たせて多数に立ち向かわせるくらいでもお釣りが来ますよね~?」と。。。

つうかさ、
こいつ理想論ばっかり振りかざし
こどもを信じてるやら、私を呼びに来る生徒がいて今の子供達も捨てたものじゃないと安心したやら言ってるんだけど

どうでもいいから、そんなこと!!この件にどんな関係が?ってかアフォだ。

これが青二才の教師なりたてだってのならまだわかるんだわ。本当に理想に燃えてるんだろうさ。実際のガキどもがどんなに調子にのるアフォどもばかりかも知らずにね。

子供たちがある年齢を境に変わってくる、段々現実的でこずるくなってくることなざ、20年教師やってりゃわかるだろうに。
理想を捨てろとはいわんが現実に対処することも大事だろうが。

すっとぼけの件といい、口からポンポンでる理想論を振りかざした教育方針といい、
だめだこいつ。

20年でうまくなったのは対処法だけだってばればれだぜ!余りにも上っ面だけで薄っぺらな物言いに呆れちまったわ。おまけにこっちになんでそんなカマかけるかのようなでんわをする?って言ってのけるなんざそんな理想に燃えた先生ならありえね==だろ。

まぁそんな話をしつつもようやく感情を抑えられるレベルまで下がってきたんで、「やり方は先生なりの教育経験なり信条がおありでしょうから私が口挟むことではないかもしれませんが、心配した他の方から私の耳に入り、お電話差し上げてもすっとぼけから始まるんじゃ信が揺らぐのもご理解下さい。今後は先生から一番に私の耳に入れて欲しいですね。まぁ宜しくお願い致します。」

と電話をおきましたとさ。


あとでかみさんにかなり叱られたのは内緒。。。

たださ、まじでむかついた!発端の問題の相手方達にもそうだが、一番はこの教師!

言い訳ばっかして、開き直ってんじゃねー。
おめーみてーな奴には安心して我が子を預けられねーんだよ。
サラリーマン教師はやめちまえ!仕事に情熱ねーなら後進のためにも、生徒のためにもやめてくれよ、まじで。

続きは
家庭訪問のときに言葉でねじ伏せてやるから覚悟しとけってかんじ。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア

最新CM

[01/11 Casino online sites]
[01/11 Online Blackjack]
[01/11 evlsfboiwp]
[01/11 qndvtefmlz]
[01/11 dqhrwyjqwa]
[01/11 Www semenax com]
[01/11 Hgh]
[01/11 pwvbxnripk]
[01/11 Reverse phone number 4044197878]
[01/11 propecia]
プロフィール

HN:
2sc1969@素のまま腹黒バージョン
性別:
非公開
自己紹介:
試験運用中ですですよん。
バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析