忍者ブログ
思いついたことをちゃんと考えもせず思いついたままに書きなぐる2SC1969の裏面Blog
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

受験資格縛りなんざいらねー。

先日ある2級建築士が免許を剥奪される事件があった。

建築士試験を受ける為には実務経験が必要なのだが
この建築士、中卒で働き始めたことにして経験年数に達していなかったにも関わらず虚偽の職歴を提出し試験を受け資格を取得していた。

それが何故ばれたかというと、個人事務所を開設するために提出した書類に高卒と書いてしまったが為、免許取得年と経験年数が合わないことに担当部署の人間が気付いたからだそうだ。


これってどうなんだろう・・・。

規定がある以上、それを守らなきゃならないの間違いないんだが
この人が試験に実力で合格できたことは事実であり、今現在、独立事務所を開設できるまでの実力をもつに至ったのも事実なわけだ。

ということは
経験年数で受験資格を縛ることになんの意義があるんだろう。
『資格と実務は違う』 『実務を知らないものが机上で勉強したところで意味がない』 と言われるかもしれないが、実務を経験していない建築学科卒は経験年数の縛りが無くすぐに2級の試験を受けられるってのは・・・・?
建築に関する学歴がない者は受験資格を得るまでに7年間の実務を要するが、大学に行けば現場実務に精通していなくとも4年間通うだけでいいってのはどうも納得できない。。。

もろもろの既得権者の為にこうしてるってのなら、あぁなるほどね って思わなくもないが・・。


そもそも受験資格を絞ることに意味がないと思えるものが他にもたくさんありすぎる。
看護士なんてのもその一つ。
資格を取ってから法定実習を設けたり、OJTで事足りると思うのだが。

 教諭 医者 ・・・ etc 例をあげたらきりがない。


資格試験なんざ全開放しちまえ。
専門の教育機関で勉強したのと同程度の能力がなければ受からない試験にすれば良いだけの話。
現行の試験内容ではそこまで判定できないというなら試験内容も変えちまえ。

過疎地の医者が足りない 看護士が足りない 教諭の質が低下してる・・・
そんなの資格取得者が増えれば大概は解決できるだろうさ。

既得権者共は大騒ぎで反対するだろうがね。。。


建築士試験の話に戻るが
受験資格に達してない実務経験者なんざ実はゴロゴロいるはず。
自分と一緒に受けた中にも怪しいのがいたくらいだ。
『建築に関する実務』
これをどの程度まで広義に捉えるか・・・。
実際には「それは実務じゃねーだろ・・・」って奴が受験申請を通り、合格している。
(数年前に厳しくなったが・・・)

まぁ今回の資格を剥奪された奴は運がなかったというか、間が抜けてたってだけの話で、業界全体から見りゃ氷山の一角。
いっそこんな受験資格の縛りなんざやめちまえ!てな話なわけだ。

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア

最新CM

[01/11 Casino online sites]
[01/11 Online Blackjack]
[01/11 evlsfboiwp]
[01/11 qndvtefmlz]
[01/11 dqhrwyjqwa]
[01/11 Www semenax com]
[01/11 Hgh]
[01/11 pwvbxnripk]
[01/11 Reverse phone number 4044197878]
[01/11 propecia]
プロフィール

HN:
2sc1969@素のまま腹黒バージョン
性別:
非公開
自己紹介:
試験運用中ですですよん。
バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析